主婦のお小遣いから始めるFX取引超入門!

みんなのFX CBなし




売りからも取引できる

買いからでも、売りからでも、取引できるのがFXの特徴
わかりやすくするため、FX業者に証拠金10万円を預け、1万米ドルの取引を行ったとした場合を見てみましょう。

1米ドル=100円のときに1万米ドル(100万円相当)を買い、1米ドル=105円になった時点で売れば5万円の利益に。
逆に95円になると5万円の損失になります。
このとき現物で受け渡しはしません。損益は証拠金から差し引きする”差金決済”で行われます。
利益の場合は15万に増加し、損失なら5万円に減ることになります。

「売りから」取引するとはどういうことなのでしょうか?
FXは、証拠金を担保に定められたレバレッジ倍率の範囲内で取引します。
10万円の証拠金で10倍のレバレッジ取引を行うのは、100万円相当の取引ができるということです。

1米ドル=100円の場合1万米ドルを借りられるわけです。
その1万米ドルを日本円にして、再度米ドルに戻すときの差額でもうけようとするのが「売り」から入る取引です。

日本では日本円を基準に考えるので、日本円を外貨に換金するのが「買い」、その逆が「売り」となります。
売りから入った場合は、買い注文を実行して決済します。
高く売って、安く買い戻すことで利益になり、逆であれば損失になります。
言い換えると、日本円/米ドル相場が円高になれが得、逆に円安で損をするということです。
FX初心者の方でも理解できましたよね。

FXでは反対売買をしないと損益が確定しないので、外貨を買ったら必ず売って決済し、逆に外貨を売ったら必ず買い戻すのがルールですよ。





同ジャンル関連ページ