主婦のお小遣いから始めるFX取引超入門!

SBI FXトレード

投資スタイル




投資スタイル

FXで利益を出していくには、自分のライフスタイルにあった投資方法を身につけることが大切です。
投資方法を決める基準のひとつに「時間」があります。

大きく分けて、「短期投資」「中期投資」「長期投資」の3つのパターンがあります。

この3つの方法をトレード時間で細分化してみました。

トレード手法 狙う利益 トレード時間の目安
スキャルピング 為替利益 数秒~数分
デイトレード 為替利益 数分~1日
スイングレート 為替利益 1日~数週間
ポジションレート 為替利益+スワップ金利 数週間~数年

FXには、何時から何時までという区切りがありません。
月曜日にはオーストラリアで取引が開始されて、金曜日にニューヨークの取引が終了するまで取引は続けられます。
つまり月曜日から金曜日まで24時間連続して取引ができます。
このように、取引時間たに合わせて、自分にあった取引方法や戦略を寝ることができます。

取引時間を確認しておこう

為替取引時間

24時間取引できるといっても、自分の時間は限られています。
有効に時間を活用してマーケットにベストなタイミングで投資ができるためにも、為替が活発に動く時間帯を知っておく必要があります。

短期投資

短期投資法基本的に毎日、十分な時間のある人向けの方法で、1日の間に数回取引を行う「デイトレード」や。数日間で売買する「スイングトレード」を一般的に指します。

特に、利幅や損切りの価値を小さくして、短時間で何回も取引することで、小さな利益をコツコツ積み上げていく「スキャルピング」という方法もあります。
この場合、一般のデイトレードより取引回数が多くなります。


中期投資

中期投資法サラリーマンやOLなど、普段働いている人向けの投資方法です。

1週間もしくは1ヶ月程度を目安に、短期売買より、期待する大きなトレンドを持つことができるメリットあります。

ポジションを保有する期間が長ければ長いほど、スワップポイントもある程度は着込めます。

会社員や主婦の人が取引できる時間帯は帰宅して夕食が片付いた後ですが、だいたい21時ころから最も取引が活発になるゴールデンクロスタイムに差し掛かるので、取引する時間帯にはベストだといえましょう。


長期投資

長期取引取引にはほとんど時間をかけられない人向けの方法です。

数ヶ月から、半年、もしくは1~2年といった長いスパンで、じっくりと腰を据えて取引できるので、戦略を立てやすくなります。

ポジションを長く保有できるので、スワップポイントも十分狙えます。

短期投資が出来る人は、もちろん、中期・長期投資でもかまいませんし、中期投資ができる人は、長期投資もOKです。

以上を参考にして、投資できる資金や、リターンとリスクのバランス(レバレッジの大きさ)、あるいは、自分の性格などを組合せて決めていきましょう。

最初のうちは、投資資金は少なめに、レバレッジも抑えめにしてリスクを大きく取らず、慎重に取引を行うことをおすすめします。





同ジャンル関連ページ