主婦のお小遣いから始めるFX取引超入門!

SBI FXトレード

FXは危険?安全に勝つのはムリ?




FXは危険?

FXは危険?安全に勝つのはムリ?FX初心者の方だと破産の危険性が心配ですよね。よくFXのことについて調べると「一瞬で数千万円の借金!」なんて恐ろしい話も見かけます。ただ、私もFXを長年やっていますが、こういった方はほんの一部にしか過ぎないといったのが正直なところです。業界全体で見ても1割もいないんじゃないかな?と思います。


FXは正しく運用すれば借金のリスクが少ない

FXで数千万円のマイナスになることはほとんどありません。その理由が「ロスカット」

ロスカットとは、口座に入れているお金が○%以下になったら強制的に決済をして大きな損にならないようにしてくれる仕組み。自動的に発動しますので、あなたが仮に市場を見ていなかったとしても発動してくれます。これがあるためFXでマイナスになることは珍しいんですね。

しかも、普通はロスカットが起きてしまうぐらい大きなお金をかけることはありませんし、おそらく初心者の方も自分の手持ち金をフルに使ってレバレッジも最大限に増やして・・・という無茶な取引をすることもないと思いますので、ロスカットが起きる確率は限りなく0%に近いと考えられます。

こういった理由があり、口座以上のお金を求められることはほとんどないと言えるわけです。

【お役立ちメモ】
FXに似た取引で「株取引」がありますが、株取引にはロスカットがないので一気に口座がマイナスになる危険性があります。株取引による損は自己破産ができないので、マイナスになると大変です・・・

大きな損を出しているのは中級者以上

「じゃあネット上にある画像や話で大きな損を出しているのはなんなんだ?」と疑問になりますが、アレは中級者や上級者が損をしたものがほとんどです。中級者や上級者になると賭けるお金も大きくなりますから、損をした時も大きな損になるわけです。また、ああいった話のときは年に1回あるかないかの大変動(海外情勢の変化や企業の不祥事など)の時期に重なっていますので、普段起きることはありません。

また、FX初心者の考えるFXによるリスクは「よく分からないまま損をして借金になるんじゃ?」というものだと思いますが、先ほども説明したように口座にあるお金全部を使うような無茶な取引を行わなければ滅多にロスカットは起きません。もちろん大きなお金をかけることで大きな利益を生み出すことができますが、最初は数百円・数千円程度の利益でも十分でしょう。

口座に入れておくお金は取引額の3倍が基本。10万円口座に入れたら、3万円を使って取引をやってみるということですね。これで数百円・数千円という利益がでますが、少ないリスクで安全に経験を積むことができます。相場が大きく変動しそうなときは、挑戦せずに静観しておくのも失敗しないポイントですよ。

少ない取引単位のFX会社を使うのがおすすめ

FXでは取引単位が「1万通貨」「1,000通貨」「100通貨」などFX会社によって決まっています。例えば、1ドル⁼100円の米ドル/円で取引する場合、1万通貨なら「1万通貨⁼1万ドル⁼100万円」ずつしか取引することができません。FXにはレバレッジがあるので、レバレッジ25倍で考えると4万円必要になります。ただ、先ほども説明したようにレバレッジが大きすぎると損もでかくなります。4万円しか使っていないのに100万円分の取引ができてしまうわけですからね。能力以上の取引をしてしまっているわけです。

なので、初心者は少ない取引単位のFX会社を選ぶのがおすすめ。最近では100通貨や「1通貨」なんていうFX会社もありますから、低資金ではじめることが可能です。

SBI FXトレード

取引単位 1通貨
手数料 0.27銭
初回入金額 指定なし
通過ペア数 11ペア

取引単位が1通貨という驚異の少なさ。他のFX会社と比較してもコレほど少ないのは他に見当たりません。スプレッドも米ドル/円0.27銭と業界最狭水準なので、少ない手数料で取引することができます。

マネーパートナーズ

取引単位 100通貨
手数料 0.3銭
初回入金額 指定なし
通過ペア数 18ペア

SBI FXトレードと比較してしまうと多いですが、他のFX会社と比較すると100通貨単位はかなり少なめ。さらに、スマホやタブレットでもツールが使いやすいのも魅力の一つです。SBI FXトレードと合わせて使ってみましょう。

LION FX

取引単位 1,000通貨
手数料 0.3銭
初回入金額 1万円
通過ペア数 50ペア

業界内でもトップ5の取引数を誇るFX会社。1,000通貨単位での取引ですが、通貨ペア数が多いのでいろいろな国の通貨で取引することができます。またキャンペーンも充実しており「キャッシュバック」や「食品プレゼント」などが定期的に貰うことができます。






同ジャンル関連ページ