主婦のお小遣いから始めるFX取引超入門!

SBI FXトレード




為替相場はなぜ変動する?

為替相場(レート)とは、異なる2通貨の交換比率のことですが、その交換比率は刻々と変動しています。

為替相場がなぜ変動するのか?

為替相場は、各通貨の買い手と売り手が価格交渉をして決められます。
つまり、需要(買い手)と供給(売り手)のバランスで成り立っているのです。

例えば、人気商品は欲しい(買いたい)と思う人が多いので、価格は上がります。
その逆に、人気のない商品は欲しがる人が少ないので、価格は下がります。通貨もこれと同じことで、人気の通貨は買い手が多いので、その通貨の価値は上がり、人気のない通貨は売り手が多くなり、その通貨の価値は下がります。

つまり、為替相場の人気のバロメーターなのです。

為替相場の変動

国の力や金利などに為替相場は左右される

では、買い手と売りては、どのようなことを取引の判断材料にしているのかといえば、通貨の価格は簡単にいえば国の力ともいえます。

つまり、通貨国の経済成長(景気)や財政状況、経済収支などが良好であれば、通貨の流通は活発になり、需要が高まってきます。

逆に、通過国の経済状況が悪化していると、その通貨を持つのが不安になり、手放そうという動きが起こります。

また、投資家の心理としては、一般的には金利水準の高い通貨で運用したいと考えるので、高金利通貨が変われる傾向にあります。
逆に、低金利の通貨は敬遠されがちです。
このように、国の経済情勢や金利水準の変化など、さまざまな要因が複雑に絡み合って、為替相場は変動しています。

為替変動要因
為替変動要因





同ジャンル関連ページ