主婦のお小遣いから始めるFX取引超入門!

SBI FXトレード




経済指標の読み方とFX

為替レートはさまざまな要因が複雑に絡みあって変動します。
経済指標はFX為替取引の重要な道しるべとなります。

米ドル/円の取引で為替市場の参加者が注目しているのは、日本の経済指標よりも米国の指標です。
米国経済の状態を判断する材料として、為替市場でもっとも注目されている指標が月次の雇用統計です。
これは、労働省が当月分を翌月最初の金曜日、ニューヨーク時間8時30分に発表するものです。
雇用統計は10数項目で構成されていますが、為替市場への影響がとりわけ大きいのは「非農業就業者数」と「失業率」です。

指標の市場への影響について注意したいのは、実際の数値よりも事前の予想との差が重視されることです。
雇用統計を例にとると、非農業就業者数が予想より増えた場合はドル高の要因になります。

米国景気を見るうえで、雇用と並んで注目されるのが、消費の動向です。消費大国の米国では、雇用の動きが消費に強く影響します。
消費の代表的な指標が月次の小売売上高です。この伸び率が事前の予想より高い時にはドルが買われる傾向にあります。

最近では、米国の経常・貿易赤字への懸念が強まっているため、商務省が発表する月次の貿易収支も市場の関心を集めています。
予想に比べ赤字が少ない場合はドル高要因と受け止められます。

経済指標や為替に関する要人の発言はしばしば相場を大きく動かします。
また、指標ではありませんが、米国の金融政策を決めるFOMCの動きも相場に大きな影響を与えます。

FXを始める前に





同ジャンル関連ページ