主婦のお小遣いから始めるFX取引超入門!

みんなのFX CBなし




マージンコール

FX取引には、損失を限定するための安全装置と呼ばれるマージンコールとロスカットがあります。
このページで、マージンコールの仕組みについて理解してください。

マージンコールとは、預けた証拠金が50%を割り込んだ場合に証拠金の追加(追証)の入金を知らせてくれるものです。サッカーで言えばイエローカードが出た状態と同じですね。

マージンコールは、リスク管理や取引をしていくために重要なお知らせサインなので、メールや取引画面に表示されます。FX会社によって、マージンコールがない会社もあり、処置方法は違ってきますが対処法を理解しておけば心配いりません。

マージンコールの仕組み

マージンコールの対処法

マージンコールは替変動に大きく影響しますが、そのために証拠金を追加するだけでなく、いま一度取引方法や資金投入について見直すことも考えましょう。

マージンコールが発生した場合の選択肢

ひとつは、追証と言われる追加の証拠金を入金する方法。

追証はFX会社に指定された時間までに行ってください。
追加する金額は、FX会社が指定している証拠金維持率を超えるために不足している金額です。

もうひとつは、ポジションをたたむ方法(決済して取引を終わらせる)

マージンコールが発生した時点の為替レートで取引の一部を決済すると、取引額が減るため証拠金維持率が高くなります。
証拠金維持率がFX会社指定の割合を上回れば、取引続けることができます。

いずれのも場合も、放っておくと自動的に決済されるので注意ましょう。





同ジャンル関連ページ