主婦のお小遣いから始めるFX取引超入門!

SBI FXトレード

IFD注文




IFD注文

IFD注文とは、新規注文とその注文が約定した場合に自動的に有効となる決済注文をセットで出す注文方法のこと。

利益確定パターン

例えば、1ドルが113円までは上昇すると予想して1ドル112円になったらドルを買う。
もし、112円で買えた場合は、その後、113円になったら売って利益を確定する。

この例では、思惑通りに為替相場が動くことを想定しています。いわゆる「指値+指値」の利益確定パターンです。

しかし、現実的には「天井でタイミングよく売れる(あるいは底値でタイミングよく買える)」という、確率はごくごく小さいです。
せっかく思惑通りに為替相場が動き、利益確定のチャンスが巡ってきたのに、欲張っているうちに高値をつけて下げ戻ししてしまい、気づいたらほんの少ししか利益が取れなかったということもあります。

特に初心者は、そんなことがないように、まずは利益をきっちりと抑えていくということを肝に銘じよう。
IFD注文

IFDは損切りにも使える

正直言って、FX取引は、為替相場が思惑通りに動こないことが多いです。
その場合に備えて、次のような注文の出し方もできます。

1ドル113円まで上昇すると予想して1ドル112円になったら買う。
もし112円で変えた場合、その後、思わが外れて111.50円になってしまったら、その時点で売って損切りする。

この注文だと50銭の損失に止めることができます。
こちらは「指値+逆指値」の損失パターンです。

ただし、IFDでは1つの注文に対して、1通りの決済注文しか出せません。
初心者のうちは、IFDは損切りパターン、で出しておいたほうがリスクコントロールできます。
IFD損切り





同ジャンル関連ページ