主婦のお小遣いから始めるFX取引超入門!

みんなのFX CBなし




安全性が高い取引所取引

FXには2つの取引方法があり、ほとんどがFX業者を通じて行われる店頭取引(相対取引)。
もう1つが取引所で取引が行われるのが取引所取引です。

具体的には、為替証拠金取引資格を取得しているマーケットメイカ―と呼ばれる金融機関が、売り気配および買い気配を提示。そのなかで最も有利なレートで取引を行います。
マーケットメイカ―の提示する気配値によってスプレッドは変動しますが、米ドル/日本円の場合は、2ピップス程度になることが多くなっています。

有利で安全な取引所取引
スワップポイントにも違いがあり、店頭取引の場合は、支払うスワップポイントより受け取るスワップポイントが少ないのが一般的です。
一方、取引所取引では、支払うスワップポイント=受け取るスワップポイントになっています。

また、預けた資金はポジションの有無に関わらず、信託分別保管されるため、万が一、FX業者が破たんしても、預けた資金は原則全額返還されるので安心です。
(店頭取引でも2010年2月より義務化)

これらは取引所取引のメリットといえますね。

取引所取引のデメリット
取引所取引の最大のデメリットは売買手数料が発生することでしょう。
店頭取引の場合、売買手数料が無料のところがほとんどです。
しかし、取引所取引では、業者によって手数料は異なります。

売買手数料が無料のFX業者と比較した場合、取引回数が少なければ、それほどの差にはなりませんが、多くなると、その差は大きくなります。

1枚当たり1050円の売買手数料だと、仮に1枚の取引を年間1000回行えば、105万円のコストになりますね。
コスト面では、手数料の安い店頭取引の業者に劣ることも念頭に入れておきましょう。
取引所取引は安全面、税金面を重視したい人に向いた取引方法といえるでしょう。

まずは口座開設
取引所取引を始める際には、店頭取引と同様に口座開設が必要です。
クリック365・大証FXを扱っているFX業者と取引をおこないましょう。





同ジャンル関連ページ