主婦のお小遣いから始めるFX取引超入門!

SBI FXトレード




FXのリスク

FX(外国為替取引)には次に述べるような様々なリスクがあります。
回避できるものもあれば、為替相場の急変などによる損失につながるものまで……リスクの特徴をよく理解して実際の外国為替取引に臨むことが重要です。

予め注意すれば避けられるリスクと、そうでないものまで“傾向と対策”によって、個々のリスクをコントロールしながら、いかに損失を減らすか? 
これはどうやって収益を獲得するか…と表裏一体です。勘や経験に頼らず、リスク・コントロールを基にしてFXでの投資・運用プランを組立てます。

リスクその1:レバレッジ効果

証拠金を用いた外国為替取引には、レバレッジ(てこの作用)効果によって、投資金額に比較して大きなリスクが伴います。
少ない証拠金で大きな取引額を動かせるため、外国為替の変動―相場の値動きによっては大きな差益につながる一方、
逆に損失の拡大につながることもあります。

預託した資金を失ったり、それを越える損失が生じることもあります。

リスクその2:外国為替の変動リスク

外国為替取引には、価格変動リスクが伴います。(1)「買った通貨の値下がりリスク」、(2)「売った通貨の値上がりリスク」です。

そのリスクの量は、為替の持高(通貨の売持or買持残高)に比例して大きくなります。それには、「損失を限定させるための注文方法」―ストップロス・オーダー(逆指値注文)―が通常の市場環境では、損失を限定する効果が期待できます。
ただし、急激に価格変動が起こった場合には、意図したストップ価格よりも不利な価格で成立、また強制決済(ロスカット)の可能性もあり、注意が必要です。

リスクその3:流動性と特殊な状況

市場の状況によっては、保有するポジションの決済や新たにポジションを保有することが難しい状況が発生することがあります。
外国為替市場では、日本円を含む主要国通貨は通常高い流動性があります。
しかし、主要国の休日での取引、あるいは普段から流動性の低い通貨での取引は、価格提示・注文の成立が難しい場合があります。
それに加え、自然災害・戦争・政変・為替管理政策変更、ストライキなど特殊な状況下において、特定の通貨取引ができない場合もあります。

リスクその4:預託された資金

FXは証拠金を取引業者に預けて取引を行います。そのため、お客様が預けられたご資産は、取引業者の倒産リスクにさらされることになります。

当社では、安心してお取引していただくために、お客様からお預かりした資産全額を三井住友銀行で信託保全する「セキュリティートラスト」を採用しております。

セントラル短資オンライントレードでは、金融商品取引法に基づき、お客様から預託を受けた証拠金、為替損益・スワップ金利等(以下、「口座清算価値」といいます。)に見合う資産を、当社の資産とは明確に区分する分別管理を行っております。
さらに、お客様がより安心できる環境でお取引していただくことを目的として、お預かりした資産を信託口座に信託する、「セキュリティートラスト」を実施しております。信託口座による分別管理によって、当社が万が一破たんした場合でもお客様の資産は保全されます。

リスクその5:電子取引システムの利用

電子取引システムを利用した取引では、電話での取引とは異なったリスクがあります。
入力を間違うと意図した注文が成立しなかったり、意図しなかった注文が成立することが起こります。
また電子取引システムには、お客さまのPC・通信機器の故障による障害、通信回線の障害、情報ベンダーの障害、電子取引システムの障害などの原因で、一時的に利用できない場合が発生することがあります。

市場が急激に変動した場合には、お客様のアクセスが殺到して、システム障害が発生したり、その他にお客様の個人情報の漏洩などのリスクが想定されます。





同ジャンル関連ページ