主婦のお小遣いから始めるFX取引超入門!

SBI FXトレード




主婦のお小遣いから始めるFX取引超入門! > FXの特徴を知る > FXは証拠金を預けて為替トレードを行う

FXは証拠金を預けて為替トレードを行う

FXとは、担保としてFX会社に一定のお金(証拠金)を預け、そのお金で為替の売買を行う金融商品のことです。

FX取引は必要証拠金を用意する

FXを始める最初の資金は多いにこしたことはありませんが、できれば30万円から50万円程度は用意を。
FX取引は1万通貨単位が基本ですが、多くのFX会社では10万円程度の証拠金で、1万米ドル=100円とした場合、1万米ドルは約100万円。

これを10万円の証拠金で取引すると、レバレッジは10倍。米ドルのレートが1円動くごとに1万円の収益(損失)がでることになります。

通貨によっては1日で数円為替が動くことも珍しくないため、10万円程度の証拠金では、
一夜にして数十%を失うこともあります。
証拠金

初めての取引なら30万円から50万円程度の証拠金を用意したうえで、レバレッジを1~3倍までに抑えるのがおススメです。

必要証拠金

証拠金は為替レートでつねに変動

取引を始めるために必要な証拠金の金額を「1万通貨辺りいくら」といったようにFX会社が各自で設定しています。
これを必要証拠金を言います。

取引が始まると為替レートが変動し、為替差損が発生します。

この際の利益は証拠金に加えられ、損失は取引証拠金から差し引かれます。
その結果、証拠金の金額も変動するわけです。

この証拠金を「有効証拠金」といいます。
つまり、取引証拠金に評価損益分をたし引きしたものが純資産=有効証拠金となります。

この有効証拠金にたいすつ賞金お割合を「鋼材自立」(または証拠金維持率)といい、「口座状況」画面で確認できます。

口座維持率は、レバレッジやロスカットなどと大きく関係している数値で、リスク管理の一つの目安になります。
常にチェックしておくといいでしょう。

証拠金





同ジャンル関連ページ