主婦のお小遣いから始めるFX取引超入門!

SBI FXトレード




レバレッジとは

FX取引でよく使われるレバレッジとは「てこ」を指す言葉。

FXでは預けた証拠金を担保とし、数倍から数十倍の取引が可能です。
しかし、レバレッジをきかせて取引額を増やすと、利益が大きくなりますが、損失も膨らむことになります。

レバレッジはFX業者各社で実施している額が異なりますので、ご自身の投資スタイルに合ったFX会社を探してみましょう。
FX初心者にはレバレッジを低くしてスワップ金利をコツコツ貯める長期投資をオススメします。

外国為替証拠金取引と外貨建ての金融商品との大きな違い

外国為替証拠金取引と外貨建ての金融商品との大きな違いは、外国為替証拠金取引は「レバレッジ」を使った取引であるという点です。
レバレッジとは「テコの原理」のことをいい、「小さな金額でより大きな金額を動かせること」を意味します。
例えば、レバレッジを2倍かければ2倍の投資効果を、10倍かければ10倍の投資効果を生むことが可能となります。

レバレッジで稼ぐ

レバレッジの管理

レバレッジ効果を利用したお取引で最も大切なことは、リスクとリターンの関係です。

まず、レバレッジを低く取引をする場合には、投資効率は低くなる分、相場急変時に投資家が被る為替リスクを軽減することができます。
外国為替証拠金取引は外貨預金などと比べて手数料や取引の自由度などの点で有利なので、このような低レバレッジの投資方法は、ポジションを長期保有してじっくり投資をしたい投資家に向いています。

次にレバレッジを高く取引をす場合には、少ない資金で大きな収益を狙える半面、その分高いリスクも同時に伴うため、ハイリスク・ハイリターンを狙った投資をしたい投資家に向いています。





同ジャンル関連ページ