主婦のお小遣いから始めるFX取引超入門!

みんなのFX CBなし




主婦のお小遣いから始めるFX取引超入門! > FXの特徴を知る > スワップポイントで長期的にじっくり稼ごう

スワップポイントで長期的にじっくり稼ごう

FXは短い期間で大きな利益をあげたり、逆に一気にマイナスになってしまうというイメージが大きいですよね。「よっしゃあ!今日は300万円の利益だ!」みたいな。しかし、FXでは短期取引による稼ぎ方以外にも、じっくりと利益を積み重ねていく稼ぎ方もあります。それがスワップポイントを利用した取引の方法です。

詳しくは順を追って説明していきますが、短期取引と比べたメリットとしては「マイナスになる確率が少ない&大きな損になることがない」「詳しいFXの知識が必要ない」「毎日のように取引のことを考えなくてもいい」というのがあります。

普段忙しいサラリーマンや定年退職後で「自由に使えるお金をもっと増やしたいな。だけど損をするのが怖い」という時に、特にスワップポイントによる取引がおすすめです。

スワップポイントとは

スワップポイントとは、2国間の通貨を取引することで得られる金利のようなもの。金利が低い国の通貨を売って、金利が高い国の通貨を買うと、その金利差をスワップ金利として毎日受け取ることができます。

各通貨のスワップポイントはそれぞれ異なります。たとえば、円の金利が0.1%、米ドルの金利が0.25%の場合は、0.15%の金利差分が年ベースで発生し、これをスワップポイントと呼びます。「年ベース」と言いましたが、実際には日割りで計算して利益を貰うことができるので、米ドルを1日保有しただけでも利益を貰うことができます。

スワップポイント発生までの仕組み

スワップポイントの受け取りや支払いは、ポジションの保有期間に応じてFX会社ごとに1日単位で決まった時間に発生します。つまり、ポジションを長く保有すればするほどスワップポイントは増えていき、ポジションを決済した時点で損益が確定します。

また、スワップポイントは証拠金ではなく実際の取引に対して計算されるので、レバレッジをかけるなどして取引単位を増やせばスワップポイントも比例して増やすことも可能です

スワップポイントはFX会社、国によって違います

スワップポイントはFX会社によって異なります。「各国の金利による差ならどこのFX会社を使っても同じじゃないの?」と疑問に思われるかもしれませんが、厳密に言うとスワップポイントは2国間の金利の差額からFX会社の手数料を引いた分となります。

なので、FX会社選びも大切なポイントとなってくるわけです。特にスワップポイントによる取引の場合は、中長期間かけて利益を積み重ねていきますので、少しの差も大きな違いになってきますからね。

スワップポイントにおすすめのFX会社

スワップポイントで損をする場合もある

スワップポイントで損をする仕組み
スワップポイント利益を上げやすいとご紹介しましたが、その逆に損をすることも当然あります。先ほどと同じ、円の金利が0.1%、米ドルの金利が0.25%の場合で考えてみましょう。ドル円を売り、円を買った場合は「0.1%(円の金利) – 0.25%(米ドルの金利) = -0.15%」となり、マイナス0.15%とスワップポイントとなります。

当然、この場合は損をしていることになります。

スワップ金利算出例【計算法】

現在のレートが1ドルを106円とすると10,000ドルが106万円、金利を考えると1年後10,300ドルと106万5,300円になります。つまり1年後のレートは1ドル103.43円となります。

1年間のスワップ金利は
(106-103.43)×10,000ドル=25,700円

ですので、1日分として計算するならば

25,700÷365≒70円

となります。これがスワップ金利の計算です。

ドル円を売買した場合のスワップ金利シミュレーション

ドル円を10,000ドル売買した場合のスワップ金利シミュレーション

ドル円10,000ドル買いの場合

1/21 1ドル=106円50銭で買い
1/30 1ドル=107円で売り
為替差益 (売107-買106.50)×10,000ドル=5,000円
スワップ益 109円+90円+267円+90円+90円=646円

手数料が往復1,000円のため、5,000+646-1,000=“4,646円の利益”となります。
ドル円10,000ドル売りの場合

1/21 1ドル=106円50銭で売り
1/30 1ドル=107円で買い
為替差益 (売106.50-買107)×10,000ドル=-5,000円
スワップ払 112円+93円+270円+93円+93円=661円

手数料が往復1,000円のため、-5,000-661-1,000=“6,661円の損失”となります。

スワップポイントにおすすめのFX会社





同ジャンル関連ページ