主婦のお小遣いから始めるFX取引超入門!

SBI FXトレード




注文方法

クリック365や外国為替証拠金取引をいつも行っていらっしゃるかたは、注文方法についてはもうお得意で、ご自身がお好きな注文方法などもありますよね。
また、何回か行った事があるという程度のかたは、取引にも少しは慣れて、注文方法なども頭では覚えていらっしゃることでしょう。

まったく未経験の方は、注文方法の説明をしてもわからないかもしれませんが、そういう取引方法があるのだということを、頭の片隅にでも置いておいてくださいね。

クリック365における注文方法も、通常の外国為替証拠金取引における注文方法とほとんど同じです。

・成行注文・・・価格を指定せずに、取引対象にした通貨ペアと取引数量だけを指定して売買する注文方法です。

・指値注文・・・あらかじめ価格を指定して、指定した価格、もしくはそれよりももっと有利な価格になった時点で約定させるという注文方法です。

・IFD(イフダン)注文・・・あらかじめ、新規注文(IF注文)と決済注文を同時に発注しておいて、新規注文が成立した場合にのみ、決済注文(Done注文)が有効になるという注文方法です。

・トリガ注文・・・あらかじめトリガ価格を指定して、為替レートが、指定したトリガ価格以上に上昇した時に買いの成行注文をし、トリガ価格以下に下落した時に売りの成行注文が行われるという、前もって予約しておくような注文方法です。

・トリガ指値注文・・・あらかじめトリガ価格と指値価格を指定して、為替レートが、トリガ価格以上になったら買いの指値注文をし、トリガ価格以下になった場合には売りの指値注文が行われるという、前もって予約しておくような注文方法です。

・OCO(オーシーオー)注文・・・指値注文とトリガ注文を同時にセットするという注文方法です。

・ストリーミング注文・・・提示されている「買い気配」の値、および「売り気配」の値を同時に表示して、「買い気配」の値または「売り気配」の値をクリックすることによって取引を約定する注文方法です。





同ジャンル関連ページ