主婦のお小遣いから始めるFX取引超入門!

SBI FXトレード




クリック365の歴史

クリック365の歴史について、説明しましょう。
日本で外国為替証拠金取引が始まったのは、1998年のことです。
外国為替及び外国貿易法(通称・外為法)が改正され、証券会社や先物取引会社が取り扱いをスタート。個人でもFX取引が可能になりました。

その後、投資意識の高まりや、インターネット環境のブロードバンド化も重なったこと、そして投資効率が高いというFXそのものの特徴にも注目が集まり、多くの会社でFXを取り扱うようになりました。

当初、外国為替証拠金取引を規制するような法律は一切ありませんでした。
そのため、健全な取引業者だけでなく、悪徳と言われるような取引業者も数多く存在していたのです。

悪徳と呼ばれる外国為替証拠金取引の業者は、顧客に対してFXに関する説明をしっかりと行わなかったり、ほとんど無理やり入会させようとしたり、何かとトラブルになってしまうような営業活動ばかり行っていたようです。

もっと悪質な業者になりますと、顧客から預かった証拠金を横流ししたり、自分たちでなんらかの金融商品で運用して破産してしまったり、今ではまったく信じられないような行動を繰り返していたのです。

こういった悪徳業者によるトラブルを防ぐために、ある程度、規制のある取引所を作ったほうが良いのではないか・・・というような声が高まってゆきました。
そしてとうとう2005年、外国為替証拠金取引は金融先物取引法の対象として認められるようになりました。
このような状況を受け、FX取引を規制する改正金融先物取引法が2005(平成17)年7月に施行され、それと時を同じくして、金融取により上場されたFXの愛称が「くりっく365」なのです。

この時に、金融庁への登録や顧客資産の保全、悪徳勧誘の禁止など、FX業者に対するしっかりとした規制が作られたのですね。これらの規制は、非常に効果的であり、それまで猛威を振るっていた悪徳業者の数は急速に減っていったのです。

今後もクリック365は、さらに便利に使いやすくなってゆくのでしょうか。
クリック365に参加するということは、「公正な業者として公に認められた」ということを意味しています。

個人であっても法人であっても投資を行なっている者にとっては、非常に安心できる材料となりますし、さまざまなメリットもあります。
このようにして、信頼を勝ち得ることが出来るということは、外国為替証拠金取引の業者にとってもプラスとなるわけですから、これから先も、さまざまなFXを取り扱う業者が、クリック365を目指してゆくということになるのではないでしょうか。

つまり、この先もクリック365に参加する業者は、さらに増えてゆくのではないか・・・そのように予測できることになりますね。
しかし、これまでの説明にも何度か出てきましたように、取り扱い通貨が通常の業者に比べて若干少ないことや、レバレッジが低めに設定されていることなどから、大胆に売買して利益をどんどん追求したいタイプの投資家にとっては、やや使いにくいシステムと感じられるかもしれませんね。

また、新たにFXを始めてみようというかたは小額から始めると思いますが、最初はクリック365ではない通常の業者のほうが税金が少なくてすむと思います。
このような点なども含めて考えたときに、クリック365ではない業者も必要だということがわかってきますね。

それとともに、クリック365がもっとチャレンジ精神を持ち、さらに改良を重ねてゆくことによって、信頼性のあるFX業者が増えていくことに期待いたしましょう。





同ジャンル関連ページ