主婦のお小遣いから始めるFX取引超入門!

SBI FXトレード




ローソク足の動きとトレンド

この上値抵抗線と下値抵抗線を利用して、相場のトレンドを読む手法があります。

①ダブルトップ
一度高値をつけた後、底値まで下落→反発→再び高値をつけた後に下げ戻す という順に値段が動くパターン。
アルファベットの「M」のように、山が2つできる形状をとります。
2回目の高値をつけた後、前回の底値を下回れば、売りサインと判断されます。

②ダブルボトム
一度安値をつけた後、高値まで上昇→反落→再び安値をつけた後に回復するパターン。
アルファベットの「W」のように、谷が2つできる形状をとります。
2回目の安値をつけた後、前回の高値を上回れば、買いサインと判断されます。

③三尊天井
一度上昇して高値をつけた後に下落する、という値動きを3回繰り返してできるパターンで、3つの山のうち、真ん中の山が一番高くなります。
3つの山の形が釈迦三尊(中央に釈迦像、左右に脇侍を配する三尊像)に似ていることからこの名があります。

三尊天井は、完成するまでに安値を2回つけます。これらの安値を結んだ線をネックラインと呼びます。3つ目の山ができた後、このネックラインを下回った場合は、売りサインと判断されます。

④逆三尊
三尊天井をさかさまにしたのが逆三尊です。3つの谷ができるパターンです。
逆三尊の場合は、完成するまで高値を2回つけます。
これらの高値を結んだ線をネックラインと呼びます。
3つ目の谷ができた後、ネックラインを上回れば買いサインと判断されます。

⑤ペナント
値段が上下動を繰り返しながら、一定の価格帯に収束していくパターン。
三角もちあいとも呼ばれます。一定の価格帯に収束した後に、値段が上に抜ければ上昇トレンド、下に抜ければ下落トレンドに向かう可能性があります。

まず、初心者は1本のローソク足のパターンを理解することから始め、慣れてきたところで組み合わせなども見るようにしていくと良いでしょう。





同ジャンル関連ページ