主婦のお小遣いから始めるFX取引超入門!

SBI FXトレード




FX取引2つの売買方法

FX取引の基本は外貨を買って、為替相場が上昇して高くなったときに売ります。

こちらのページでも紹介しているように、1ドル=100円のときに1ドルを買って、1ドル=105円のときに売れば5円の利益が出ます。逆に1ドル95円のときに売れば5円の損失になります。

それとは反対に、FXでは「外貨を売って、買う」こともできます。
つまり売りから始めて、利益を出すことが可能なのです。

FXで売りから始める場合は、為替相場が下落傾向にあるときです。

例えば、1ドル=100円のときに1ドルを売り、1ドル=55円のときに買い戻せば5円の利益が出ます。逆に1ドル105円のときに買い戻せば5円の損失になります。

為替相場がどんなときでもチャンスはあります

このようにFX取引は、為替相場が上昇傾向にあるときは「買い」から、下落傾向にあるときは「売り取引と使い分けることが可能です。

ただし、「売り」からの取引は感覚的に難しいので、FX初心者は、まず買いの取引から始めるのが無難です。

なお、FXでは、「買い」から始めることを「ロング」「売り」から始めることを「ショート」と呼びます。

FX取引





同ジャンル関連ページ