主婦のお小遣いから始めるFX取引超入門!

みんなのFX CBなし




FXと外貨預金の比較

FXは、よく外貨預金と勘違いする人がいます。

それに世間では「外貨預金=安全」「FX(外為取引)=危険」というイメージ持っている人も少なからずおられます。

例えば主婦がFXを始めようとした場合、ご主人に相談したら、やめとけと言われるケースが大方「FX=危険」というイメージにあたります。しかし、実際にそうなのかをここで解説しておきます。

早わかり!外貨預金とFX(外為取引)の違い

FX取引において、米ドルを基準として相場が捉えられおり、ドルが基軸通貨ということになります。
そこで、米ドルと円の関係でこの違いを比較してみましょう。
比較ポイントは次の5点。

取引手数料(取引コスト)

取引手数料外貨預金の取引手数料は、1ドルあたり片道0.5円~1円程度です。
ネット銀行では0.1円ほどの手数料がかかります。
FXの場合、専業会社になると手数料0円になっています。

ただし、外貨を買う価格と売る価格に差(スプレッド)があり、売買時にはその差が負担となりますが、それでも1ドルに月0.01円程度です。FX、取引にかかるコストが小さいのが特徴です。



お金の預入先が違う

預入先外貨預金の取扱は主に銀行です。預かったお金を海外の銀行に預け、発生した金利を預金者に支払います。

FX取引は、通貨の売買を専門的に行うFX会社や証券会社が行います。
預かったお金で通貨の売買を代行し、発生した利益から手数料を引いたお金を投資家に支払っています。


「預ける」と「売買する」との違い

レバレッジ

外貨預金は円を外貨に替えて海外の銀行に「預ける」もの。
資金が50万円あれば50万円分の外貨に両替します。

一方、Fxでは資金を「証拠金」として預け、それを担保にして外貨を「売買」するものです。
レバレッジという仕組みを利用して、資金を最大25倍まで増やして取引することも可能です。



資産保全の安全性と仕組みが違う

レバレッジ

国内の金融機関に預金した円は、銀行が破綻しても「預金保険制度」により保障されますが、外貨預金とFXは対象外です。

ただし、FX会社により預けたお金は、FX会社以外の信託銀行などにより管理されるため、FX会社が倒産しても資金は返還されます。



取引の自由度:買いと売りが選べる

取引の自由度

外貨で預金するということは、外貨を「買う」ということです。

そのため「米ドルが下がる(円高ドル安局面)」と予測する場合には投資ができません。
一方のFXは「買い」と「売り」が選べるため、円高ドル安の局面でも投資が始められます。

比較






同ジャンル関連ページ